飯山精器株式会社様

生産管理システム「i-PROERP3」を導入

■導入前の課題

受注品が、多品種少量短納期へと移行し、管理工数や様々なロスやムダが多くなり現状の部分的なシステム化では対応が出来なくなる。
生産に関わる情報がシステム上一元管理され、これらの情報を誰もが共有することが出来る、いわゆる「工場の見える化」システムの開発・導入が必要であった。

■導入の効果

「工場の見える化」による、納期遅れのへの迅速な対応、製品・素材在庫の大幅な削減が出来、課題であった管理工数、作業ロス・ムダの削減が出来た。

■Digit Worksさんに一言

システムトラブルへの迅速な対応はもちろんですが、運用中システムに対する細かな改良を常に行って頂きました。現場の運用に即した操作性の向上も図って頂き、ありがとうございました。

生産管理システム

 

開発実績-業種一覧